トヨタ車専門 高価買取・査定してもらうための方法 » トヨタ中古車の査定相場関連情報

トヨタ中古車の査定相場関連情報、高価買取ポイント

車選びのポイントはリセールバリュー

自動車は走れば走るほど、生産から時間が経てば経つほど価値が下がってしまうもの。同じ車を乗りつぶすなら特に気にする必要はありませんが、数年でほかの車へ乗り換えたいと考えているなら、現在乗っている車をいかに高く買い取ってもらえるかが重要なポイントとなってくるのは、皆さんご存知のことでしょう。

同じような年式、走行距離の車でも、車種やグレードの違いによって、買取りや下取りの金額が大きく異なってくるのはなぜなのでしょう。これは、車によってリセールバリューが違ってくるから。

リセールバリューとは車を中古車として売り出すときの、“再販価値”を表した数値のことで、中古車としてマーケットへ出たときの需要の多さ、人気の高さが反映されます。赤や黄色などの派手なボディカラーよりも白や黒などの定番色の方が求めている人が多いので価値は高くなりますし、大きい排気量のモデルよりも低排気量エンジンで気軽に乗れるモデルの方が人気が高い場合もあります。そしてこの数値によって、下取りや買取りの金額が大きく変わってしまうわけです。

リセールバリューは、その車を求める人や市場のムードによって変化しますし、日本国内だけではなく、海外の動向などからも影響を受けてしまいます。車の良し悪しはもちろん、その車を作ったメーカーのブランド力やイメージも重要となってきますから、リセールバリューが高くなりやすいメーカーが存在するのも事実。その点、日本の各メーカーはどのように評価されているのかチェックしてみました。

各メーカーの買取相場の特徴

トヨタ

新車価格が少々高めでも、リセールバリューが高いので、総じてプラスになることが多いのはトヨタ。ハイブリッドカーやミニバンなど、トヨタならではの車に人気があります。

ホンダ

オデッセイやフィットなど大ヒット車を生み出しているホンダは、トヨタに次いでリセールバリューが高いと言われています。

日産

マーチやセレナ、エルグランドなど人気車種は高値が付きやすいのですが、全体的には控えめな価格が付くことが多いようです。

マツダ

一部車種を除いて、リセールバリューが悪いと言われていたマツダ。最近になってクリーンディーゼルで人気が出るなど、中古車市場でも価値が上がってきています。

三菱

リコール隠し問題などがあり、企業イメージの低下が中古車市場にも影響しているようです。パジェロやデリカなど、人気の高い車種もあります。

スバル

レガシーやインプレッサなど、熱心なスバル信者を生み出すほど人気がありますが、マニア受けする高い技術は中古車市場においてはそれほど価値につながっていないようです。

リセールバリューの高さはトヨタがダントツ

日本国内はもとより、海外での知名度も高いトヨタは、故障が少なく信頼度が高いメーカーというイメージが定着しています。したがって、中古車マーケットでの価値も高めに評価されていて、競合他社の同じような車格のモデルを比較したときには、トヨタ車の方へ高い値段をつけられることが多くなります。
車の性能やデザインの良さはもちろん、乗り換えの際のリセールバリューまで考えても、トヨタ車を選択するメリットは大きいと言えますね。

トヨタ中古車各種の査定関連情報・高価買取のポイントなど

  • プリウス、プリウスα、プリウスPHV
  • 世界初の量産ハイブリッド専用車で、低燃費で走る音が静か。日本だけでなく、世界でも人気がある車種のひとつ。新車での販売価格がガソリン車よりも高めということもあり、中古車が大人気というプリウス。

    プリウスで人気のグレードは「S」、合成皮革の内装や専用外装などの「Sツーリングセレクション」、「SツーリングセレクションG's」などは安定して高額査定がつく可能性が高いです。

    プリウスで人気のカラーはホワイト、そしてブラック。特にホワイトは安定した需要があります。

  • アルファ―ド、アルファ―ドハイブリッド
  • ファミリーカーとして人気のミニバン。7人乗りで車内は広々。大家族やアウトドア、スポーツなどに出かけるという人にはなくてはならないタイプの車種。

    新車購入時はグレードによって販売価格が倍以上の差があります。高級ミニバンと言われるだけあって、政治家や芸能人にも愛用している人が多いため、中古車でも人気がある車種です。人気のカラーはホワイト、そしてブラック。

  • ハリアー、ハリアーハイブリッド
  • クロスオーバーSUVとして大人気のハリアー。高級車という風格が漂いながらもスポーティーで、日本のみならず海外でも高い需要があります。グレードを問わず高級感溢れるエクステリアで、ボディカラーはやはりブラック、ホワイト、グレーあたりが人気です。

    ワゴン車の車高を高くしたようなデザインが人気の秘密で、一見大きそうなのですが、アルファードなどのミニバンと比較すると小さく、女性でも運転しやすいです。

  • ヴォクシー
  • 2リッターエンジン搭載の車高の高いミドルサイズのミニバン。エアロパーツを装着したものは3ナンバーになるが、標準では5ナンバーということで、人気のミニバンです。このサイズで5ナンバーというのはヴォクシーを含めて4車種だけ。

    ヴォクシーでの人気グレードは「ZS」「ZS煌」「ハイブリッドV」などです。そしてボディのカラーも重要なポイントで、前述の通り人気色はCMにも使われていた黒が圧倒的な人気です。ホワイトも安定した人気がありますが、やはり一番人気はブラック。シルバーもそれなりに需要はあります。

  • ヴェルファイア、ヴェルファイアハイブリッド
  • アルファードと並んで高級ミニバンとして人気がある車種。豪華なインテリアはまるで応接室のようで、乗り心地の良さと高級感溢れる車内の雰囲気で、政治家や会社の重役、芸能人などでも愛用しているという人も多く、中古車でも人気があります。特徴の一つであるシートアレンジのアイディアはさすが。助手席の位置を後ろにスライドさせると、広々とオットマンを使用してゆったりと座ることができる。また、車中泊もゆったりと楽しめるようなアレンジも可能。そのため中古車でもファミリーに大人気です。

  • アクア
  • 世界トップレベルの低燃費37.0km/Lを誇る。国内の新車販売台数も常にトップクラスにランクインする大人気車種です。印象的なテレビCMでも話題になり、2016年には新成人が欲しい車ランキングで1位を獲得。老若男女問わず受け入れられるデザインと大きさ、そして驚異的な低燃費というのが人気の秘訣といえそうです。

    アクアの人気グレードは「1.5S」「1.5G」「1.5G G's」 「1.5X-URBAN」などで、安定して高額買取されているようです。また希少なグレードは年式が多少古くなっても人気が衰えることはありません。

    人気のボディカラーはやはりホワイト、ブラックといったところです。

  • ノア
  • ヴォクシー同様、ミドルサイズのミニバンで、柔らかい印象のエクステリアと形はファミリーカーとして、女性にも乗りやすいと人気があります。ミニバンでありながらゴツすぎない外観に加えてインテリアにもシンプルでありながら高級感がある雰囲気に。それが女性からも受け入れられる要因といえそうです。

    ノアの人気グレードは「1.8ハイブリッドX」「1.8ハイブリッドG」「2.0 Si 」が定番です。

    ボディカラーはノアの場合、まずはホワイト、それからブラックあたりも安定した人気カラーです。

  • クラウンアスリート、クラウンロイヤル
  • トヨタの高級車といえば、なんといってもクラウン。しなやかで快適な乗り心地は高級車ならではで、道路の状態を選ばない、路面追従性はさすが。

    クラウンアスリートで人気のグレードは、やはり「アスリートハイブリッドS」、「アスリート2.0 S-T」、「アスリート2.5S」あたりで、安定して高価買取されているようです。一方、クラウンロイヤルの方は、「ロイヤルサルーン」や、「ハイブリッドロイヤルサルーン」が人気です。ちなみに、ガソリン車とハイブリッド車を比較してみると、特に査定に影響するような差はないようです。

    クラウンで人気のボディカラーはホワイトパールとブラック。やはり昔から不動の人気カラーです。

  • エスティマ
  • 流線型で卵のような形をした印象的な形は、ゴツっとした四角い形が多いミニバンの中でも個性的で、根強い人気があります。ボディカラーはルーフがブラックで、ツートンカラーにできるというのも個性的です。内装は合成皮革を採用して高級感を出しています。

  • ランドクルーザープラド、ランドクルーザー
  • 同じ車名で継続して生産されている車としては、最も長い歴史を持つランドクルーザー。もともと官公庁や企業向けに使用されていたものを、幅広く受け入れられるデザインに変え、ユーザーのニーズの変化に合わせて柔軟に変化してきました。パワー、快適性など、ハードなアウトドアシーンにも対応する性能を備え、人気がある車種です。

  • マークX
  • 10回目のモデルチェンジをする際に、マークIIから「10代目」を意味する「マークX」に車名を変更。スタイルと走行性能を併せ持った「ベストパフォーマンスカー」を追求して作られたといいます。

    マークXで人気のグレードは「マークX 3.5 350S」、「マークX 2.5 250G Sパッケージ G’s」、「マークX 250G」あたりは常に安定して高価買取をされています。

    人気のボディカラーはブラック、ブラックメタルが高価買取されています。その次にホワイトでしょうか。

  • ハイエースバン、ハイエース
  • 業務車としても自家用車としても人気があるハイエースは人気車種です。ボディカラーはブラック、ホワイトともに安定した人気です。走行距離が多めであることが多いため、年式が数年古くても、走行距離が50,000km程度に抑えられている方が断然高価買取してもらえます。それから、保存状態や禁煙車であるなども大きなポイントです。

  • シエンタ
  • 5ナンバーサイズのコンパクトミニバンで、スポーティーな外観は好みが分かれそうですが、人気があるというシエンタ。

    人気のグレードは、「1.5G」、「ダイスG」、「ハイブリッドG」といったところで、買取価格は高額で安定しています。人気があるボディカラーは、シエンタもホワイトかブラック。変わった限定色などよりも、流行りに左右されない色の方が人気があります。

  • ヴィッツ
  • トヨタを代表するコンパクトカーで、丸過ぎない精悍な印象の形で人気があります。

    ヴィッツで人気があるグレードは、「1.0 F」、「1.3 F」、「1.5 RS G's」、「1.5 RS(MT)」などです。これらのグレードなら買取相場は高めで推移しているため、買取金額は期待できそうです。

    「ヴィッツRS G's」は買取相場は高めで、MTもCVTも良いのですが、1.5RSのCVTは買取相場は低めMTの方が買取金額は高くなっています。

  • ウィッシュ
  • トヨタを代表するファミリーカーとして大人気の車種。「比較的低価格でありながら7人乗りで、手頃なサイズ感」というのが人気の理由であるようです。シンプルでスポーティーなエクステリアとインテリア。高級感には欠けますが、その分このクラスの車では驚異的な低燃費を実現。実用車として、今後も安定した人気が見込まれます。

  • パッソ
  • 2004年に女性目線で作られ、軽快で可愛らしいCMでも話題になったコンパクトカーです。やはりターゲットを絞り、女性に支持される工夫が随所に見られます。軽自動車並みに小回りがきき、狭い路地や駐車する際にも便利。遠乗りするイメージの車ではなく、手軽に毎日乗りたくなるご近所カー。燃費も良く、価格も低めです。

  • アイシス
  • ドライバーズミニバンで、ミドルサイズの5ナンバー車種としても人気です。ファミリーとスポーティーの中間を狙ったデザインで、世界初のセンターピラーレスを試みた車種でもあります。

  • bB
  • 何が飛び出すかわからない、ブラックボックス。そんなコンセプトで作られ、若い男性から人気を集めているbB。「音と光とまったり」というキーワードを持っていて、個性的な車種です。

  • カローラフィールダー
  • 海外需要も高く、中古車でも輸出されることも多い車種。そのため買取相場は高めです。

    カローラフィールダーの人気のグレードは、「1.5 X」、「1.5 G エアロツアラー」「ハイブリッド G エアロツアラー」です。これらのグレードなら、買取金額は比較的高額で安定していますので、期待できるでしょう。

    こちらもやはり、人気のボディカラーはホワイトパールとブラックです。しかし、その他の色でも海外需要があるため、大きなマイナスにはならないようです。

    ハイブリッドはエアロツアラーが人気が高めですが、他のグレードでもエアロツアラーと大きな差はありません。

  • ポルテ
  • 車高が高いのが特徴のコンパクトカーで、スライドドアを装備している車種。空間効率と使い勝手の良さはミニバン並み。小さな子育て世代にも人気です。ターゲットがある程度限定されるところもありますが、安定した人気があります。

    初代ポルテ(NNP10型)(NNP11型)(NNP15型)の買取傾向は、新車価格では1500ccモデルが高額ですが、買取価格は1300ccモデルと1500ccモデルは同等の価格になっています。

まずは3社に見積もりを!
トヨタ車の買取業者
おすすめ3選

  • ENG

    海外独自販売ルートで
    高価査定

    特におすすめな買取車種

    アルファ―ド / ヴェルファイア / ハリアー / ウィッシュ(WISH) / エスティマ / ランドクルーザー
    ※輸入規制などの海外事情により、特に新車登録から1~5年以内がおすすめ。

    <おすすめに選定した理由>
    知名度はないが、そのビジネスモデルが注目を集めている。買取業者というより直接海外に輸出できる中古車専門の貿易商社。品質管理を徹底し、高品質な中古車(主にトヨタ車)を海外ディーラーへ販売し、現地から厚い信頼を得ている。この海外ルートにより日本国内では考えられない中古車の高価買取を可能にしている。

    ENGの公式サイト
  • ガリバー

    中古車買い取り業界の
    大御所

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車以外も含め、全車種について高めの買取傾向があり、買取依頼の際に一つの基準として参考にしたい。
    ただし人気車種については、それを専門に扱っている専門業者のほうが上。

    <おすすめに選定した理由>
    ディーラーによる下取りが主流だった時代に、新しい中古車買取のビジネスモデルをうちたてた中古車買取店の老舗。中古車の買取においても販売においても、実績ナンバー1を獲得している。車両の在庫期間を短縮するシステムによって、管理コストを抑えて買取価格へ反映させている。

    ガリバーの公式サイト
  • T-UP

    トヨタ自動車が
    直接運営する車買取会社

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車種、全般について抜群の信頼感があり、特に状態の良い車はプラス査定としてしっかり評価してくれる傾向あり。
    多くの買取店に見積もりをとる場合、最高値は出ないかもしれないが、買取価格に安定感はある。

    <おすすめに選定した理由>
    トヨタ自動車が手掛ける中古車の買取店だが、トヨタ以外の車でも買い取ってくれる。全国2000店舗あるトヨタの中古車販売店U-Carで直接販売しており、中古車をGazoo.comという専用サイトでチェックできたり、独自のシステムで中間マージンを押さえ、高い買取金額を実現している。

    T-UPの公式サイト