トヨタ車専門 高価買取・査定してもらうための方法 » 中古車査定で失敗しないための基礎知識 » 中古車査定の流れ

中古車査定の流れ

車査定から売却までの流れ① 買取店に査定依頼をする

車を売却しようと思ったら、買取店へ査定を依頼します。ディーラーの下取りも含め、いくつかの買取店の査定額を比較して売却先を決定します。直接店舗へ行って査定を受けることもできますし、最近ではインターネットで複数の買取店へ一度に査定依頼ができるサイトがあり、必要事項を入力して依頼をすると、早い店では数時間で、遅くとも翌日には買取店側から連絡が来ます。そのまま査定額が提示されることもありますし、出張査定や来店査定を受けることになる場合もあります。

買取店と下取りの違い

買取店で査定してもらうために最も大事なのが、買取店のリサーチとなります。近所であればポストにチラシが入っている場合もありますし、大手の買取店となるとテレビCMでもよく目にします。中古車の査定でよく耳にするのが「買い取り」と「下取り」なのですが、この2つの違いにはどういったことがあるのでしょうか。

中古車を売るということは、車という資産を現金に換えることを言います。「買い取り」の場合、ここで手にした現金に関しては自由に使うことができ、安い車を買って残りを生活費に使うこともできます。

それに対し「下取り」というのは、ディーラーで車を買うことを前提としています。そのため、ディーラーで下取りしたお金は全て次の車を買う頭金へとあてられるのです。実際、下取りというのはメーカーが自社の車を買ってもらうため、買い続けてもらうためにあります。ということから、自社の車をひいきにしたいというのは当たり前のことでもありますので、下取りの場合は他社の車だとそれなりの価格でしか買い取ってもらえないことが多いのです。同じメーカーの車に乗り換える場合にはディーラーに下取りしてもらう方がいいと思いますが、それ以外の目的であるのなら中古車買取業者に買い取ってもらった方がお得だと言えます。

業者によっては買取価格が違ってくる

同じ車でも、業者によっては買取価格というのが違ってくるのが一般的であります。そもそも、中古車というのは新しければ新しいほど高く売れる傾向にありますので、在庫として持つ期間が長ければ利益率も下がり、車の買取価格も下がってきます。

同じ日本でも地域や流行、人口の構成などによって人気の車というのも違ってき、高く売れる車も全然変わってくるのです。そのため、大手の中古車買取業者の場合は全国に店舗を構えているため、需要のある地域で車を販売できるので高めに買い取ってくれるという傾向があります。それと、在庫を抱えるリスクもかなり抑えられるので強気の査定もできるということなのです。

車査定から売却までの流れ② 査定金額が提示され契約

査定時、または数日後に査定金額が提示されます。買取店がその場で契約するよう強く勧めてくる場合もありますが、複数の会社に査定依頼していることを話し、検討する時間を設けるようにしましょう。その際、できるだけ高い金額を提示してくれる買取店を選ぶわけですが、他店と比較していることを伝えると、最初の提示額よりアップする店が出てくる場合があります。そのあたりは、買取店との交渉力が必要とされるポイント。

買取店側は、最初は低めの金額を提示することが多いので、交渉によって当初の提示額から数万円~数十万のアップとなる可能性もあります。納得できる金額を提示されたら、買取店へ売却する旨を伝え、契約を交わします。

ひと手間入れて売るのが高く売るコツ

車を売ると決めたら買取業者に行くことになるのですが、どうせなら1円でも高く買ってもらいたいと誰もが思うものです。そこで、買取業者に持っていく前にひと手間入れて査定額を高くするという方法があります。

まず、車をきれいにしてくということがあり、これはボディだけでなく車内もきれいにする必要があるのです。例えば、マットを一度外に出して掃除機をかけ、最後に水洗いをするといったことや、小さなキズやへこみは市販の研磨剤などで修理しておくことで査定額も少しは変わってくるものなのです。スペアキーのような付属品もしっかりと持っていくようにしましょう。

買取価格の決め方

買取業者やディーラーが買い取った車は、中古車販売店に卸されて店頭で売られることになります。もしくは、中古車事業者向けのオークションを通じて海外に輸入される場合もあります。そこで、この買取価格はどうやって決まるのかが気になるところです。

大きな判断基準として、「中古車として売れるのか」と「中古車販売店で売れるまでのコスト」によって決まります。大手の中古車販売店の場合、全国の店舗で在庫共有することはもちろんのこと、中古車事業者向けのオークションをやっていることが多いので、売れ残りのリスクも低く管理コストも最大限に抑えることができているのです。それが少しでも高めの買取価格が出せる要因でもあるのでしょう。

希望額を伝えることも大事

先ほども言いましたが、どうせ車を買い取ってもらうなら1円でも高く買い取ってもらいたいと誰もが思っています。しかし、そういった交渉や希望額を伝えるのが苦手という人も決して少なくはありません。

ここで大事になってくるのが、手放すタイミングをしっかりと意識しておくということです。中古車というのは時間が経てば経つほど車の価値も下がってきますので、この売却のタイミングというのが交渉で一番使えるカードでもあるのです。後、もし金額が決まっているのであれば、その金額をストレートに伝えるというのも交渉術の一つになります。その金額が明確にわかっているのであれば、お店側も引き渡しのタイミングなどの条件も一緒に教えてくれると思います。

この場合は交渉というより相談に近い部分になりますが、いつかはその車を手放すタイミングがやってきますので、早い段階から手放すタイミングを調べておくというのも高く買い取ってもらう一つのコツになるのではないでしょうか。

車検のタイミングで売るとお得

走行距離や車検というのは、高値で買ってもらうためにも考えておきたいポイントでもあります。一般的に、車検というのはまとまったお金が必要となりますので、車を手放すタイミングとしてはベストだと思われがちです。また、車検を出しておいてから売った方がお得かと思う人もいるでしょう。

結果論ですが、車検の分は買取価格に転嫁されますので、トータル的にみればどちらもあまり変わらないというのが現状であります。先ほども言いましたが、中古車は時間が経てば経つほど車の価値は下がってきますので、売却に関しては一日でも早い方がお得だということです。要するに、車検のおかげで車を売るタイミングが遅くなるぐらいなら、車検の前に早く売った方がお得になるということになります。

走行距離にも買取価格の目安がある

買取価格の目安として、車の走行距離というものもあります。走行距離に関しては買取価格の目安というものが存在し、一般的には5万kmと10万kmとなってきます。要するに、走行距離がこの数字を超えたタイミングで買取価格が下がるということですので、車を手放すタイミングとしてこの両方の数字をしっかりとチェックしておくということも大事になってくるのです。後、車の買取価格には販売されてからの期間や、その車種のモデルチェンジの有無にも大きく影響されてきます。

一番賢い乗り換えのタイミングとして、生活環境の変化などのその人のタイミングというのが大事になります。家族が増えたら今までの車では不便になるでしょうし、所得が上がればさらに良い車に乗りたいと思うものです。そのタイミングというのは人によって異なりますので、自分自身できちんと見極めることも重要になります。そのタイミングを間違える、と買取価格に大きな差が出る場合があるので注意が必要です。

車査定から売却までの流れ③ 書類を揃えて車両の引き渡し

自動車の売却には、いくつか書類を揃える必要があります。以下の書類がそろっているか、チェックしてみてください。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税証明書
  • 実印の印鑑登録証明書

このうち、車検証と自賠責保険証明書、自動車納税証明書は、車の中や自宅に保管されていると思いますので慌てる必要はありません。印鑑登録証明書は、役所で発行してもらう必要がありますから、早めに準備しましょう。

これらの書類を揃えて買取店へ渡して納車したら、数日後に車両代金が入金されます。ローンがまだ残っている方は、残債の支払いを終了したのち、入金されることになります。

車を手放す際は忘れものなどのチェックは忘れずに

査定額が決まり、その金額に納得をすれば契約といった手続きに入ります。上記でも述べていますが、必要な書類を事前に全て用意しておけばスムーズに買取へと進みます。書類に1つでも不備があるだけで契約できませんので、早く売りたいと思っている人はしっかりと書類の準備だけはしておきましょう。

車を手放す際、車の中の忘れ物にだけは注意しなければなりません。車内のダッシュボード、オーディオ内のCDやDVDなど、最後に必ずチェックすることをおすすめします。また、カーナビの個人情報の削除も忘れないようにしましょう。ガソリンに関してなのですが、これはお店に着くだけのガソリンがあれば十分です。せっかくの愛着を持って乗った車でしょうから、最後に記念写真でも撮っておくことで一つの思い出として心に残るかもしれません。

まずは3社に見積もりを!
トヨタ車の買取業者
おすすめ3選

  • ENG

    海外独自販売ルートで
    高価査定

    特におすすめな買取車種

    アルファ―ド / ヴェルファイア / ハリアー / ウィッシュ(WISH) / エスティマ / ランドクルーザー
    ※輸入規制などの海外事情により、特に新車登録から1~5年以内がおすすめ。

    <おすすめに選定した理由>
    知名度はないが、そのビジネスモデルが注目を集めている。買取業者というより直接海外に輸出できる中古車専門の貿易商社。品質管理を徹底し、高品質な中古車(主にトヨタ車)を海外ディーラーへ販売し、現地から厚い信頼を得ている。この海外ルートにより日本国内では考えられない中古車の高価買取を可能にしている。

    ENGの公式サイト
  • ガリバー

    中古車買い取り業界の
    大御所

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車以外も含め、全車種について高めの買取傾向があり、買取依頼の際に一つの基準として参考にしたい。
    ただし人気車種については、それを専門に扱っている専門業者のほうが上。

    <おすすめに選定した理由>
    ディーラーによる下取りが主流だった時代に、新しい中古車買取のビジネスモデルをうちたてた中古車買取店の老舗。中古車の買取においても販売においても、実績ナンバー1を獲得している。車両の在庫期間を短縮するシステムによって、管理コストを抑えて買取価格へ反映させている。

    ガリバーの公式サイト
  • T-UP

    トヨタ自動車が
    直接運営する車買取会社

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車種、全般について抜群の信頼感があり、特に状態の良い車はプラス査定としてしっかり評価してくれる傾向あり。
    多くの買取店に見積もりをとる場合、最高値は出ないかもしれないが、買取価格に安定感はある。

    <おすすめに選定した理由>
    トヨタ自動車が手掛ける中古車の買取店だが、トヨタ以外の車でも買い取ってくれる。全国2000店舗あるトヨタの中古車販売店U-Carで直接販売しており、中古車をGazoo.comという専用サイトでチェックできたり、独自のシステムで中間マージンを押さえ、高い買取金額を実現している。

    T-UPの公式サイト

中古車査定で失敗しないための基礎知識