トヨタ車専門 高価買取・査定してもらうための方法 » 中古車査定で失敗しないための基礎知識 » 一括査定のメリットデメリット

一括査定のメリットデメリット

複数の買取店への一括査定のメリットとは

複数の買い取り店を実際に回ったり、1つ1つ連絡をするのは面倒なので、インターネットのサイトなどを利用して一括査定を行うユーザーが増えています。一括査定を行うメリットは様々ありますが、主なものは以下に挙げるようなことでしょう。

  • ネットで簡単に複数の買取店へ依頼できる
  • 複数の買取店を競合させることで高値が付きやすい

一社のみで査定してもらうと、本当にその金額が適正なのかがよく分かりません。複数の買取店で査定してもらい、提示金額を比較することでおよその相場が分かってきますし、より高い金額を提示してくれる店を選ぶことができます。さらに、他店が高い値段を付けていることを知れば、査定額を上げてくる買取店があるかもしれません。より高い金額で売却するためには、一括査定を利用して買取店と交渉することが不可欠です。

複数の買取店へ一括査定するデメリットとは

一括査定を依頼すると、早くて数時間後、遅くとも数日以内に買い取り店側から連絡が来ることになります。その際、店によっては何度も連絡してくる場合があり、複数の買取店からの連絡が重なると、かなり面倒なことに…。一括査定の最大のデメリットは、たくさんの買取店から一気に連絡が来て、ユーザー側が混乱してしまうことにあります。特に、先方へ連絡先の電話を知られてしまうと、昼夜を問わず電話が鳴りっぱなしとなることも。買取店との交渉方法をある程度シュミレーションしておき、上手い対処方法などを考えておく必要があります。

一括査定を上手に利用するポイントとは

大手の買取店を含む数社に一括査定をする場合、注意しなければならない点がいくつかあります。
ひとつは、売り主側の連絡先を電話連絡とせず、メールによる連絡のみに限定しておくこと。これは、一部のサイトで設定できるので、メール限定ができるサイトを選んで利用するのが賢いやり方です。

さらに、ハッキリとした金額を提示せずに交渉しようとする会社や、査定額が明らかに低い会社、査定時の態度が悪い会社などは、遠慮なく切り捨てること。買取店の中には、最初は低い金額で提示しておいて徐々に上げてくる会社、ハッキリとした金額を提示せず、売り主側の出方を見ながら交渉してくる会社など、様々な営業方針のところがあって、1つの会社と数回やり取りする必要が出てくることがあります。数社と同時にやり取りすることを考えると、スピーディに取引できる会社を選んだ方が無理がありません。

一括査定では営業電話がたくさんかかってきますし、必要のない無駄なやり取りもおそらく多数発生してしまい。交渉が始まったらあとから価格を下げてくることも仕方がないことです。

おすすめの方法は、一括査定ではなく、高価買取してくれそうなところと、平均値を出してくれそうな大手の数社でまず見積もりを取ることです。

メール一括査定のメリット

中古車を買取に出す際に、1店舗だけで決めるより、より多くの店舗に買取価格を提示させ、一円でも高く売りたいというのは皆が思うところです。メールにて一括で複数業社に買取金額を提示させるのは効率的です。単純に値段が高いところに売ればいいのです。メールであれば、煩わしい電話営業なども少なく、メール上でやりとりできるわけですから、活用する手はないです。

複数の業者に出すということは、それぞれ業者ごとの特色があり、車種やメーカーなどによって業者ごとに得意不得意がありますから、それによって買取価格が違ってきます。一括で査定を依頼する際も、自分の愛車と業者のマッチングを意識して、より高く価値を設けてくれる業者選びをすることが必要になります。

まずはネットで相場を調べる

一括で査定に出す前に、ネットである程度、相場感を調べることをおすすめします。ネットで車種や年数、走行距離など打ち込めば大抵の金額がでてきます。これをベースに買取価格を照らし合わせ、買取のステップに進んでいくことが正しく売るためのヒントとなります。

最新の型の車を一括査定するメリット

発売されて間もない、新車で買って走行距離が少ない国産車であれば、買取価格は基本的に高いです。トヨタやホンダ、三菱など国内の大手メーカーであればなおさらです。大量生産されたものであれば、希少価値は少なくなりますが、中古市場の場合、こうした市場に溢れる車の方が、買取手が全国各地にいるため、需要が高いのです。しかも、年数が経ってないような車であれば、新車と同じような状態で欲しい中古車ユーザーにとっては、まさしく願ったり叶ったりです。なので、自分の車が国産の標準車であれば、全国チェーンを展開する大手の買取メーカーなどに査定を申し入れると、値段も高くなります。

カスタム車を一括査定するメリット

標準車から改造を繰り返して、自分なりにカスタムした車の場合、費用だけを考えると、つけたパーツ分だけ価格がはね上がると考えがちですが、そうではありません。買う側から考えると、人の作ったパーツは、その前の買取手の感情や思いが詰まっているので、よっぽどの有名人や芸能人のファンでない限り、買い手がつかないのが現状です。なので、こう言ったカスタムカーなどは買取価格が低くなります。

ではどうしたらいいのか?

メールで一括査定に出す場合、カスタムカーは、個人店やカスタムを得意としている店に査定を出すのがオススメです。こうしたところであれば、パーツに関する造詣が深いですし、価値がわかっているので、パーツだけで買い取ってくれる可能性があります。一部にはマニアもいるので、こうした専門店には買い手もマニアが集まるので、価値をわかってくれる人が高い値段で買ってくれる可能性があります。

季節によって一括査定するメリット

他のリユース市場、例えばアパレルなどにしてもそうですが、夏場には当然夏服が売れますから、その前の5月とか春先に出すのが高く売るポイントです。なので、車の場合も、オープンカーなどのスポーツ車であれば春先に出せば査定金額も増えますし、雪道を闊歩できる4WD車などは冬前や秋頃に売れば査定金額もアップします。また、メールで一括査定すれば、全国各地にチェーン展開しているので、夏場には沖縄、冬場には北海道などの買い手がつく場合があります。当然、買取価格も高くなるので、そう言った全国の方にも、買い取ってもらえるメリットがあります。

メール一括査定のデメリット

複数の業者に一括査定するということは、自分では一つの情報しか送ってないつもりでも、多くの業者に情報が出回ることになります。となれば、買い手とすると、先着順ともなるので、査定に出した瞬間に、メールの営業がどんどん来ます。これが嬉しい人もいますが、わずらわしく思う人も多くいます。

メールならまだしも、電話などが仕事中や休み中にバンバンかかってくるのが内情です。これも買取時ならずとも、定期的に営業電話があったりするので少し考えものですね。個人情報も出回りますので、この人は車をすぐ手放しやすい人間だとリスト化され、ひどい場合にはカモリストになって、またこの人は車を売るだろうと、年単位や数ヶ月単位で査定の勧誘があります。

メールでそもそも一括査定が出来るのか?

今では、車種や走行距離を入力するとおおよその査定金額が出てきます。メールだけの情報で査定が正確にできるのでしょうか?写真なども送付して状態チェックなどもされますが、トラブルになりやすいところもあります。実際に車の状態を見てみて、メールでの提示金額より下がるなんてこともありますし、一社に決めてもらいたいために、釣り価格と言って、先に高い金額を提示して、いざ納品すると半分以下にするなんていう悪徳業者も存在します。こうしたことがないようにするには、業者選びが必要です。

一時的に高いからといって決めてしまうと、せっかく正確に査定した会社からは手を引かれてしまい、悪徳業者の独占状態になって、正確な業者を遠ざけてしまうことにもなるからです。なので、高い価格の店に売るというのも、一度考えてから選ばないと後々取り返しのつかないことになりますので、注意が必要です。

メール情報だけで一括査定するデメリット

以前は自宅まで実物を見てもらいタイプや、販売店まで車で乗りつけて査定してもらうというのが主流でした。

しかしながら、昨今では、メールで査定することによってデメリットも生じてきています。メリットも当然あって、全国各地の買取業者が均一に情報が行き渡ることによって、オンリーワンの車を必要とする業者に受け渡すことも可能ということになりました。せっかく自分が乗り回した愛車が必要とされる人に渡るのは大変嬉しいことです。

しかしながら、デメリットとして、メール情報だけで査定するというのは現物を見ていないわけですから、写真上で見るのみになります。実物を見たら綺麗な状態でも、写真映りが悪いというだけで評価が下がったり、不本意な査定なものになったりします。どうせ買取してもらうなら現物を見て欲しい、そういう人は、地域にもよりますが、出張で査定をしてくれる業者や、家の近くに買取業者がいる場合もありますので、立地なども業者選びに関して必要な項目となります。

海外で査定するという方法もある

メールで一括査定すると、国内だけと考えがちですが、海外にも市場があります。外国や例えば東南アジアなどに旅行に行かれた人ならわかりますが、日本車は海外では高い人気があります。北米でもトヨタやホンダは人気で燃費も良く安定しているとして、根強い人気があります。

また、アジア諸国では、トヨタを筆頭とした日本車やサムスンなどの韓国車なども近年、人気が高く、壊れにくく丈夫ということで、中古でも高く売れ、日本では廃車寸前のものでも、海外では高値で売れることもあります。特にマレーシアなどは日本のアルファードなどのトヨタ車が人気で、富裕層やミドル層がこぞって所有をしています。

トヨタの車を一括査定に出すなら

日本の優良メーカーの中でも1、2を誇る、トヨタ自動車の車をメールで一括査定に出すなら、T-UPがおすすめです。

トヨタが運営する買取会社ですし、査定金額にも反映されます。他にも大手チェーンのガリバーなども他のメーカー同様、公平な査定がされ安心ですし、ENGという業者は海外に強いため、特にトヨタのランドクルーザーなど四駆やトラックなどは海外で高値が付きやすいので、自分の愛車のタイプに合わせて査定をしてみると査定にも反映されます。

まずは3社に見積もりを!
トヨタ車の買取業者
おすすめ3選

  • ENG

    海外独自販売ルートで
    高価査定

    特におすすめな買取車種

    アルファ―ド / ヴェルファイア / ハリアー / ウィッシュ(WISH) / エスティマ / ランドクルーザー
    ※輸入規制などの海外事情により、特に新車登録から1~5年以内がおすすめ。

    <おすすめに選定した理由>
    知名度はないが、そのビジネスモデルが注目を集めている。買取業者というより直接海外に輸出できる中古車専門の貿易商社。品質管理を徹底し、高品質な中古車(主にトヨタ車)を海外ディーラーへ販売し、現地から厚い信頼を得ている。この海外ルートにより日本国内では考えられない中古車の高価買取を可能にしている。

    ENGの公式サイト
  • ガリバー

    中古車買い取り業界の
    大御所

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車以外も含め、全車種について高めの買取傾向があり、買取依頼の際に一つの基準として参考にしたい。
    ただし人気車種については、それを専門に扱っている専門業者のほうが上。

    <おすすめに選定した理由>
    ディーラーによる下取りが主流だった時代に、新しい中古車買取のビジネスモデルをうちたてた中古車買取店の老舗。中古車の買取においても販売においても、実績ナンバー1を獲得している。車両の在庫期間を短縮するシステムによって、管理コストを抑えて買取価格へ反映させている。

    ガリバーの公式サイト
  • T-UP

    トヨタ自動車が
    直接運営する車買取会社

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車種、全般について抜群の信頼感があり、特に状態の良い車はプラス査定としてしっかり評価してくれる傾向あり。
    多くの買取店に見積もりをとる場合、最高値は出ないかもしれないが、買取価格に安定感はある。

    <おすすめに選定した理由>
    トヨタ自動車が手掛ける中古車の買取店だが、トヨタ以外の車でも買い取ってくれる。全国2000店舗あるトヨタの中古車販売店U-Carで直接販売しており、中古車をGazoo.comという専用サイトでチェックできたり、独自のシステムで中間マージンを押さえ、高い買取金額を実現している。

    T-UPの公式サイト

中古車査定で失敗しないための基礎知識