トヨタ車専門 高価買取・査定してもらうための方法 » 中古車査定で失敗しないための基礎知識 » トヨタ車の中古車査定の際に高く評価されるためのコツや注意点

トヨタ車の中古車査定の際に高く評価されるためのコツや注意点

買取価格の相場を知ってから交渉を

買い取り店に査定を依頼した時、「いくらだったら売りますか?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか? できるだけ高く売りたいと思っていても、具体的にはいくらになるのか、いくらだったら高く売れたと判断できるのか、相場を知っておかなければ交渉のしようがありません。

中古車の買い取り相場というのは、買取業者でなければ正確なところ分からないようになっています。しかし、ネットで価格がシュミレートできるサイトなどもありますから、およその価格を知ることは可能。極端に買い叩かれないようにするためにも、最低でも○○万円以上にはなるだろう、という基準価格を知っておくことは大切です。

高く売るためには乗り方にも注意しておく

売却することを全く想定していなかったのなら仕方ないのですが、数年で乗り換えることを考えている人は、高く買い取ってもらえるように乗り方にも注意しておくべき。一般的には、「査定前に必ず洗車しておこう」とよく聞きますね。しかし、直前に洗車してキレイにしたつもりでも、買取店のスタッフには傷や汚れがすぐに分かってしまうことを承知しておきましょう。

大切なのは、乗り始めた時から、丁寧に扱っているかどうか。ボディを傷つけないようにすることはもちろん、車内にペットやタバコの臭いが付かないよう注意したり、エンジンオイルをマメに交換したり、車の価値を下げない乗り方を意識することが重要です。

買取店が高く買いたい車種がある

中古車マーケットでは、旧年式であっても、過走行であっても、なぜか高く売れる車種が存在します。その車を買いたいという需要が高ければ、多少の難があっても売れるわけです。特に、アルファードやベルファイアといったトヨタのワンボックスミニバン、ハイブリッド車、軽自動車などの人気が高い傾向があります。さらに、車種とボディカラーとで中古車を求めてくるユーザーが多いので、車種によってはボディカラーの違いによって、査定額に数十万の違いを生むことも。SUVは4WDの方が高く売れる、など車の特徴によって金額が変わってくることもあるそうです。

数年のうちに売却を考えている場合、新車を購入する時から売却時を意識してボディカラーやグレード、オプションなどを選んでおくと、予想以上の高値が付くことがあるかもしれません。

トヨタ車の中古車査定について

ここらはトヨタ車にスポットを充てた中古車査定事情を見ていきたいと思います。

トヨタ車についての情報

トヨタの車といえば日本人であれば誰でも知っているメーカーで、今では海外でもトヨタの車を見かけるほど有名です。

トヨタ車は2016年度において自動車販売数が世界で第2位という結果が出るほど、日本最大自動車メーカーとして全国でも知られています。

トヨタ自動車の始まりは、トヨタグループの創始者である「豊田佐吉」が創立した豊田自動織機製作所内の自動車制作部門が1937年に独立をし、トヨタ自動車工業株式会社となりました。トヨタ生産方式である、「かんぱん方式」、「カイゼン」、「80点主義」などは、トヨタが日本を代表とする企業になった重要な運用方法でもあります。

トヨタ車の代表格でもある「クラウン」や「マークⅡ」、「エスティマ」や「ハイエース」、「プリウス」など有名な車種はもちろんのこと、「トヨタ」、「トヨペット」、「カローラ」、「ネッツ」などの様々な販売チャンネルでたくさんのお客様へ多くの車を供給しています

トヨタ車の買取・査定情報

トヨタの車は新車販売台数でも1位を獲得していますが中古車に至っても日本ではかなりの人気があります。このことからもわかるようにトヨタ車は高額査定から高額買取まで大いに期待が持てると思って間違いないでしょう。

ここ最近で爆発的に大ヒットした「プリウス」や、コンパクトカーの代名詞である「アクア」などのハイブリッドエンジンの車両は特に高額査定になるのは間違いでしょう。

「ヴィッツ」やミニバンの「エスティマ」、「クラウン」や「カローラ」といったセダン車もまだまだ人気の的でありますので高額査定が見込めます。

品質力が非常に高いトヨタ車は国内だけでなく海外にも大きな人気を誇っているため、トヨタ車であればどの車種でもある程度の査定は見込めるのではないかと思われます。 ・「ハイブリッド車」はトヨタの代名詞

1990年代頃までのトヨタ車の看板といえば「クラウン」や「カローラ」といったセダン車でした。

しかし、ここ最近のトヨタ車の看板といえば大きく変わったように思われます。ちなみに、みなさんは「20世紀に間に合いました」というキャッチフレーズを覚えてますでしょうか?1997年に登場した世界初の量産ハイブリッド車「プリウス」が誕生したキャッチフレーズのことです。

とはいえ、この初代プリウスはそこまで大ヒットした車種ではありませんでした。しかし、2代目プリウスのモデル末期時に、リーマンショックの影響を受けた原油価格の高騰により、ガソリン価格も急上昇して日本国民は大打撃を受けることになります。

そこで、日本国民の多くは低燃費が大きなウリであった「プリウス」に目を向けることとなり、大ヒットへとつながっていくことになったのです。

次の3代目プリウスも大ヒットし、トヨタは急速にハイブリッド車を量産していくことになりました。

2011年にはコンパクトハイブリッド車の「アクア」がデビューし、先ほどの3代目プリウス同様の大ヒット車種へとなります。この「プリウス」と「アクア」が軽自動車を除くと常に国内の販売台数の1位、2位を独占していく時代が続きました。2015年には7人乗りのコンパクトミニバンで、しかもハイブリッドまで搭載された「シエンタ」も続けて大ヒット。

結果、国内の自動車販売台数ランキングでは「プリウス」、「アクア」、「シエンタ」がベスト3を占めることが頻繁に起きるようになったのです。

他には、5ナンバーミニバンの「ヴォクシー」、「ノア」、「エスクァイア」、大型ミニバンの「アルファード」、「ヴェルファイア」、そして昔から人気の高い「クラウン」や「カローラ」が現在のトヨタ車の顔となる車種になっています。

他社との圧倒的な違いといえば、今現在のすべてのモデルにハイブリッド車が搭載されているということではないかと思われます。

リセールバリューの安定度

買取価格・下取り価格といったリセールバリューが高いというのがトヨタ車全般にいえる大きな特徴ではないでしょうか。

このことで、乗り換えの際などにはそこまで金額を支払うことなく乗り換えられるということが挙げられます。

乗り換えの際には買取相場だけはしっかりと把握しておきたいところでもあります。

後、トヨタはハイブリッド車を超えた燃料電池車であるFCVにも積極的に取り組んでいます。この燃料電池車というのは、水素を燃料とし、電気を発生させて電力で走る車のことをいいます。

ガソリン車との大きな違いは、排出されるのが水だけでありますので、究極のエコカーといっても過言ではありません。

「水素、太陽光や風力、水力などの自然エネルギーを利用し生成することが可能なきれいなエネルギー」として世界でも大いに注目されているのです。

ちなみに、2014年トヨタは世界初となる量産燃料電池車「ミライ」を発売したことから、化石燃料という厄介な問題解決の先駆けとなって注目されることとなりました。

トヨタ車の各車種チェックポイント

アクアのチェックポイントは?

ここからは具体的な車種に絞って査定時などのチェックポイントを見ていきたいと思います。上記でも説明しました人気車種である「アクア」のチェックポイントはどうなのでしょうか。

まずはボディの色からなのですが、やはりこれは他の車種と同様でホワイトやブラックというのが無難に高値が付きやすくなるでしょう。

ただ、「アクア」の場合はオレンジやグリーンといった色がイメージカラーとしてとても印象が強く、中古車市場ではこれらの色もかなり人気が高くなってくるのは間違いありません。

ですので、ホワイトやブラックでなくても思ったより値がついたという人も決して少なくはないのです。

しかし、ハイブリッド用バッテリーが弱いとなると話は変わってきます。やはりバッテリーが弱いとなれば交換が必要となり、この交換にはそれなりの費用がかかってしまうからです。

ということから、このバッテリーの調子が良いうちに乗り換えるということも頭に入れておいた方がいいかと思います。

プリウスのチェックポイントは?

次に「プリウス」の査定チェックポイントはどうなのでしょうか。

この「プリウス」こそハイブリッド車の代名詞となるのですが、実際に人気が出だしたのは2代目以降だといわれています。

ワンモーションのハッチバックスタイルへと変わり、ハイブリッド車といえば「プリウス」と知らしめた画期的なモデルとなっています。

今では2015年発売の車種が大きく稼働していますが、性能だけでなくデザイン的にも先進的な車になっているといえるでしょう。

街中で見ない日はないほどそこら中で走っている「プリウス」なのですが、中古車市場でもかなりの数が出回っています。

実際の買取の平均価格は約90万円となり、高額な取引となると200万円以上の値がつくこともあるそうです。

今現在、最も販売された2代目がメインの流通となっていますが、2015年に発売された現在のモデルは中古車としてまだ出回っていません。

ですので、しばらくの間は高値がつくともいわれています。

ちなみに、古いモデルでも希少性があれば高値がつくことも珍しくはありませんが、初代プリウスに関してはそういった希少性が見込めませんので、状態がそれなりに良くても高値がつくということはあまりないと思っておいた方がいいでしょう。

まずは3社に見積もりを!
トヨタ車の買取業者
おすすめ3選

  • ENG

    海外独自販売ルートで
    高価査定

    特におすすめな買取車種

    アルファ―ド / ヴェルファイア / ハリアー / ウィッシュ(WISH) / エスティマ / ランドクルーザー
    ※輸入規制などの海外事情により、特に新車登録から1~5年以内がおすすめ。

    <おすすめに選定した理由>
    知名度はないが、そのビジネスモデルが注目を集めている。買取業者というより直接海外に輸出できる中古車専門の貿易商社。品質管理を徹底し、高品質な中古車(主にトヨタ車)を海外ディーラーへ販売し、現地から厚い信頼を得ている。この海外ルートにより日本国内では考えられない中古車の高価買取を可能にしている。

    ENGの公式サイト
  • ガリバー

    中古車買い取り業界の
    大御所

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車以外も含め、全車種について高めの買取傾向があり、買取依頼の際に一つの基準として参考にしたい。
    ただし人気車種については、それを専門に扱っている専門業者のほうが上。

    <おすすめに選定した理由>
    ディーラーによる下取りが主流だった時代に、新しい中古車買取のビジネスモデルをうちたてた中古車買取店の老舗。中古車の買取においても販売においても、実績ナンバー1を獲得している。車両の在庫期間を短縮するシステムによって、管理コストを抑えて買取価格へ反映させている。

    ガリバーの公式サイト
  • T-UP

    トヨタ自動車が
    直接運営する車買取会社

    特におすすめな買取車種

    トヨタ車種、全般について抜群の信頼感があり、特に状態の良い車はプラス査定としてしっかり評価してくれる傾向あり。
    多くの買取店に見積もりをとる場合、最高値は出ないかもしれないが、買取価格に安定感はある。

    <おすすめに選定した理由>
    トヨタ自動車が手掛ける中古車の買取店だが、トヨタ以外の車でも買い取ってくれる。全国2000店舗あるトヨタの中古車販売店U-Carで直接販売しており、中古車をGazoo.comという専用サイトでチェックできたり、独自のシステムで中間マージンを押さえ、高い買取金額を実現している。

    T-UPの公式サイト

中古車査定で失敗しないための基礎知識